dataminer.me

データマイニングやその周辺のお話を書くブログ

fMRIのデータをクラスタリングしてみたけど

ウェーブレット変換で前処理をして、ノイズ成分が多すぎる部分を切り取って

計算する点の数が約16000→約3500まで減ったので

残った部分の波形の相関をクラスタリングしたところ

まだ賦活部位に含まれている巨大なノイズに引っ張られる。。。


やっぱり、定時刻に置ける外れ値処理を加える必要がありそう。

理想としては、BOLDの波形(ポジティブ+ネガティブ)と時間成分のズレ

で波形をクラスタリングして賦活部位をクラスタリングできたら

いいんだけどなぁ。


とりあえず、日本神経回路学会の締切りが7月10日に迫ってるから

何を出すか、今週中くらいに決めないと。

広告を非表示にする